MLB

    1: アゲイン速 2021/04/22(木) 06:46:13.10 ID:CAP_USER9
    2021年04月22日 06:01 野球
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/04/22/kiji/20210422s00001007196000c.html
    no title


     【ア・リーグ エンゼルス―レンジャーズ ( 2021年4月21日 アナハイム )】 エンゼルスの大谷翔平投手(26)は21日(日本時間22日)、本距離アナハイムでのレンジャーズ戦に「2番・DH」で先発出場。第2打席で日米通算100号本塁打となる5号ソロを放った。

    【【MLB】エンゼルス・大谷翔平3回に5号ソロHR 日米通算100号アーチ!】の続きを読む

    mke407-jpp035748289

    1: アゲイン速 2021/04/22(木) 06:51:57.25 ID:CAP_USER9
    ◆米大リーグ アスレチックス・ツインズ(21日・オークランド=アラメダ・カウンティコロシアム)

     ツインズの前田健太投手(33)が21日(日本時間22日)、敵地でのアスレチックス戦に先発。3回を投げ、3本塁打を含む8安打7失点、1三振、1死球、1暴投。4―7で迎えた3回限りでマウンドを降りた。

     1回にドナルドソンの先制ソロの援護をもらった前田は、その裏3者凡退と好調な立ち上がりも、2回先頭のオルソンに右翼へ同点ソロを許し、死球や暴投に3安打が絡んでその回3失点。3回に味方がクルーズの2ランなどで再び逆転してもらったが、その裏、オルソンに2打席連続アーチとなる逆転2ラン、ブラウンにダメ押し2ランと1イニング2本塁打を浴びで4点を失い、球数52球で降板。防御率は6・11となった。

     1試合7失点は2017年8月31日のダイヤモンドバックス戦に並ぶ自己ワーストタイ。被本塁打3は、2019年3月30日のダイヤモンドバックス戦以来、8安打は2018年5月11日レッズ戦の9安打以来。いずれもドジャース時代に記録したもので、ツインズ移籍後最悪の登板内容となった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b7c8bffad03e12d0946af1a28b8d01fcd97f8497
    4/22(木) 6:44配信


    【【MLB】ツインズ・前田健太、3発含む8安打7失点で3回KO 4試合1勝1敗 6.11】の続きを読む

    1: アゲイン速 2021/04/18(日) 10:11:32.01 ID:CAP_USER9
    ◆米大リーグ ヤンキース3―6レイズ(17日・ニューヨーク=ヤンキー・スタジアム)

     レイズは17日(日本時間18日)、敵地のヤンキース戦を6―3で制し2連勝。レイズはメヒアが2回に先制弾、マーゴーが4回に勝ち越し2ラン、ウェンドルが7回にダメ押し2ランと3本の本塁打で主導権を握り、逃げ切った。3試合連続でベンチスタートとなった筒香嘉智外野手(29)は2試合続けて出番はなかった。

     キャッシュ監督は「皆が集中力を保ち、高いモチベーションのもと戦っている。全てのプレーに重要な要素があった」と手堅い戦いぶりに満足げだ。

     一方、レイズの地元紙「タンパベイ・タイムズ」の電子版は「筒香の時間はいかに早く尽きるか」の見出しで、2年契約の最終年でありながら開幕から打率1割5分4厘、本塁打0の筒香についての記事を掲載。右膝手術を受けた正一塁手・崔志万が5月中旬復帰予定で、登録枠を1つ開ける場合に筒香を候補に挙げた。「状態が上がらなければ、投資額に関わらず、失敗と決断を下すかもしれない」と同記事。5年総額3500万ドルで17勝26敗に終わった左腕アルバレスや、2年総額1250万ドルで1試合登板に終わった右腕グズマンなど、過去のレイズのワースト契約の例を紹介。2年契約1200万ドル(13億円)の大型契約を結んだ和製大砲がピンチに立っている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/890c4177372f708a245171291152989f9e5b8d9d
    4/18(日) 7:00配信

    no title

    no title


    https://baseball.yahoo.co.jp/mlb/teams/player/fielder/542643
    成績

    【【MLB】筒香嘉智2試合連続出番なし…レイズ地元紙が処遇に厳しい論調 12試合 .154 0本 1打点 17三振 [砂漠のマスカレード★]】の続きを読む

    20201123_tsutsugo_ge-560x373

    1: アゲイン速 2021/04/15(木) 12:14:57.04 ID:CAP_USER9
    ◇ア・リーグ レイズ1―5レンジャーズ(2021年4月14日 セントピーターズバーグ)

     レイズの筒香嘉智外野手(29)は14日(日本時間15日)、本拠地セントピーターズバーグでのレンジャーズ戦に「7番・DH」で先発出場。7回に13打席ぶりの安打となる内野安打するなど4打数1安打で、打率は・158となった。“米初対決”となった有原航平投手(28)には2打数無安打に抑えられ、チームは1―5で敗れた。

     レンジャーズ先発の有原と対戦した2回1死二、三塁からの第1打席は空振り三振で、5回無死からの第2打席は一ゴロ。日本でのDeNA時代は、日本ハムに在籍していた有原と16年6月14日の交流戦で対戦し、4打数無安打2三振に抑えられていた。

     左腕キングと対戦した7回2死一塁からの第3打席は、内角球に詰まったが、守備シフトの逆をつく形となり三塁内野安打。13打席ぶりの安打となり、9回2死一塁からは右腕コディと対戦し空振り三振だった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/124ec707ea0ac08ecbc48033f3582b26ed011fd1
    4/15(木) 11:19配信

    https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/table/?id=2021041512
    試合スコア

    【【MLB】レイズ・筒香 4の1 2三振、13打席ぶり安打で打率・158 0本 1打点 “米初対決”有原には2の0】の続きを読む

    このページのトップヘ