禁酒令

    no_drink_man

    1: 僕は名無し 2021/05/08(土) 22:35:39.20 ID:aIOxrQUA9
    「禁酒令」でもう極限、酒販店が上げる怨嗟の声
    業界団体首脳「感染拡大は酒のせいではない!」

    4月25日に東京などで発令され、5月7日に延長が決まった3度目の緊急事態宣言。

    飲食業界では、酒類を提供する店に休業要請が行われるなど、これまでの時短営業よりも一段と厳しい措置が講じられた。
    大型商業施設への休業要請が一部緩和される延長期間においても、酒類を提供する飲食店は引き続き休業要請の対象となる。

    【【話題】禁酒令でもう極限、酒販店が上げる怨嗟の声…業界団体首脳 「酒を飲んで騒ぐことが悪いのであって、感染拡大は酒のせいと違う」】の続きを読む

    1: アゲイン速 2021/04/27(火) 12:43:20.31 ID:GKLtu7EC9
    東京都防災@tokyo_bousai

    【お知らせ】4月27日(火)、緊急事態措置期間中は、飲食店等の皆様に、お酒類の提供をしないようお願いしておりますが、
    酒類の提供とは、お酒の場の提供も含みますので、お酒の持ち込みも止めていただくよう、お願いいたします。


    https://twitter.com/tokyo_bousai/status/1386829577171865604
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【【言葉遊び中止令】東京都「飲食店へ 酒の場の提供もやめろ!客の持ち込みも('ω'乂)ダメー」 [和三盆★]】の続きを読む

    e4a9ed27c4027f7bb2be79ab635ff678

    1: アゲイン速 2021/04/24(土) 22:44:07.38 ID:zKc7Om4K9
    緊急事態宣言、路上飲みの人から不満の声

    繁華街周辺の路上や公園では、コンビニのお酒を片手に談笑するグループが後を絶たない。

    東京都では緊急事態宣言に伴い路上飲酒を控えるよう呼び掛ける方針だが、
    千代田区・有楽町駅付近の広場で、路上飲酒をしている街の人からは不満の声が上がった。

    都は酒類を提供する飲食店に休業要請をするほか、都職員や警察が連携して、路上飲酒に対し注意喚起を強化する。
    有楽町のある広場では、缶チューハイを飲んでいた30代の男性が「警棒でパンパンたたかれない限り止めない」と主張した。
    その上で「物理的に店が閉まっているから、コンビニで買って飲むしかない」。

    40代の会社員女性は「娯楽だけ制限されるのが辛い」と語り、「朝の満員電車の方が危険だと思う」と話す。

    都はテレワークの活用も呼び掛けているが、企業の規模や業種によっては、出勤者の削減は厳しいようだ。

    コンビニの前で缶ビールを飲んでいた20代の男性会社員は「路上飲酒は良くないことは分かっているんです。
    仕事終わりにごはんを食べるところがなくて」と打ち明けた。缶ビールの他に、おにぎり2個と魚肉ソーセージを買ったという。
    https://www.nikkansports.com/general/news/202104240001055.html#:~:text=%E9%A3%B2%E9%A3%9F


    【東京都】「路上飲みはやめて」 緊急事態宣言を前に繁華街で呼びかけ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1619210708/

    【【路上飲みの人から不満の声】 「警棒でパンパンたたかれない限り止めない。 店が閉まっているから、コンビニで買って飲むしかない」】の続きを読む

    1: アゲイン速 2021/04/24(土) 10:29:20.22 ID:SGmUYsB4M
    かわいそう
    no title

    no title

    no title

    【【酒だ!酒を飲ませろ!】若者さん「路上で飲ませろ!」と暴れてしまう😭】の続きを読む

    text_news

    1: アゲイン速 2021/04/23(金) 07:50:04.55 ID:nH2mlj5j9
    政府はきょう23日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言を東京、大阪、京都、兵庫の4都府県に発令することを決める。22日に策定した具体的措置の原案では、酒類を提供する飲食店に休業を要請。“禁酒令”にあたる強い措置で東京都も検討していた。宣言の期間は今月25日~5月11日とする方向だ。

     21日夜、政府に宣言を要請した小池百合子知事は菅義偉首相と電話で会談。小池氏からコンタクトを取り「これから(変異株が)大いに猛威を振るう段階に入ります」とレクチャー。首相は「連携していきましょう」と話したという。

     犬猿の仲の相手にまで電話した小池氏がもくろむ宣言発令時の対策の柱が“禁酒令”。「これまでの対策では抑え込めない」との認識があり、感染リスクが高まる店内での飲酒を完全に封じる。酒類を提供しない飲食店には営業時間の短縮を要請する。

     都内にある飲食店は約12万店。酒類提供店舗は相当数に上る。酒類とつまみが主なメニューの居酒屋と、食事がメインのファミリーレストランなどが同列で扱われるかは不明。

     措置原案では、宣言に格上げされる4都府県以外で、まん延防止等重点措置が適用されている宮城、埼玉、千葉、神奈川、愛知、沖縄の6県について、宣言発令中は飲食店に酒類を提供しないよう要請することも盛り込まれた。

     “禁酒令”により、路上飲みに拍車が掛かるのは必至。現在は重点措置が適用され、対象地域の飲食店の営業時間は午後8時まで。飲み足りない人々による路上飲みや公園飲みが問題化しているが、酒類提供飲食店が休業となれば、繁華街などのコンビニでは酒類を求める人の列ができそうだ。

     都立公園の一律閉鎖も検討されているが、市区町村が管理する街中の公園も多く、道路、歩道も含めてトラブル多発が危惧される。措置原案では路上での集団飲酒など感染リスクの高い行動に注意喚起を呼び掛けるとされているが、実効性は未知数だ。

     また、休業する飲食店の数によっては、食事ができない人がコンビニなどに駆け込み、売り切れ店続出で“食料難民発生”という混乱も懸念される。

     2回目の宣言時の時短協力金でさえ、いまだに支給されていない例が多いのが実情。“禁酒令”に伴う協力金の額が拡充されたとしても支給のスピード感は期待できず、廃業に追い込まれる飲食店がさらに増えそうだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1f7a2f229baac35f954620866f1234d0aba9ff94
    4/23(金) 5:30配信

    【【緊急事態宣言】4都府県に“禁酒令” 酒類提供飲食店に休業要請 路上飲みに拍車が掛かるのは必至】の続きを読む

    このページのトップヘ