差別

    EwBrDHtU8AcHVWo

    1: アゲイン速 2021/04/21(水) 19:03:54.64 ID:NEfF5SAF9
    日本を「寿司の国」と表現することは「差別」なのか?「寿司の国」出身の1人として考えた

    サッカーの実況中、ドイツのレポーターが日本を「寿司の国」と表現したことで批判の声が上がった。

    日本を「寿司の国」と表現することは、「差別」なのだろうか? ふたつの論点から考えてみた。

    ドイツ在住のフリーライター・雨宮紫苑さんがハフポスト日本版に寄稿しました。

    【文:雨宮紫苑】

    --------------------

    【【もう全部差別じゃね?】日本を「寿司の国」と表現することは「差別」なのか? 差別はメガネザルのように描写したりジャップと呼んだり短足寸胴とからかうこと】の続きを読む

    jinsyusabetsu_asia


    1: アゲイン速 2021/04/15(木) 08:26:06.83 ID:1uz9MMUQ9
    ■「アジア系を憎むのはやめて」が大きなトレンドに

     3月下旬、テニスチャンピオンの大坂なおみ選手のあるツイートが全米でニュースになった。

    「もし人々がバブル・ティーやアニメ、モチ、スシ、マッチャと同じくらいアジア系の人を愛しているなら……その文化から生まれたものに恩恵を受けたり楽しんでいるのに、それを作り出した人々を攻撃したり卑下するなんておかしい」

     今アメリカで深刻な社会問題になっている、アジア系住民へのヘイトクライムに抗議するメッセージだ。

     同じように錦織圭選手もATP(男子プロテニス協会)のトッププレーヤーと共に、公式な抗議コメントを出した。

     さらにBTSやサンドラ・オーといったアジア系セレブ、ジェイソン・ウー、フィリップ・リムなどのトップデザイナー、アメリカのトップ企業までがこぞって#stopasianhate(アジア系を憎むのはやめて)のハッシュタグと共に、抗議の声明を出している。

     アジア系へのヘイトは今、アメリカを揺るがしかねない大きな問題になっているが、その背景にはアジア系に対する深刻な人種偏見や差別がある。

    ■ヘイトクライム件数は前年比の1.5倍に

     アジア圏と太平洋地域をルーツにもつアメリカ人へのヘイトクライムを防ぐための団体「Stop AAPI Hate」によると、2020年にパンデミックが始まってから今年2月までにまとめたヘイトクライムとみられる事象(人種に由来する憎しみが原因の嫌がらせから暴力犯罪まで)は3800件と報告されている。この数は1年前の1.5倍に上る。

     ニューヨークだけでも、殴られたり刺されたりといったアジア系へのヘイトクライムと特定できる犯罪が今年になって33件起き、すでに昨年を上回っている。街の中心部で白昼、60代の女性が突然襲いかかってきた男性に殴る蹴るの暴行を受け大けがを負う事件も起きたばかりだ。アトランタでは3月、アジア系女性6人を含む8人が射殺される銃撃もあった。

     人種にまつわるヘイトクライムは、たいてい犯人から差別的な言葉がぶつけられる。「中国に帰れ」「ここはお前の居場所ではない」「お前らはウイルスだ」こうしたヘイトクライムが急増した最大の理由は、トランプ前大統領がコロナウイルスのことを「チャイナウイルス」と言い続けたことにあるとされている。

     アメリカはコロナ死者が55万5000人を超えた。多くの人が失業で苦しんでいて、その怒りの矛先が筆者のようなアジア系に向いている。多くのアメリカ人には中国系も日系も区別がつかないし、どちらでもいいと思っている人も少なくない。

    こうしたアジア系アメリカ人への差別偏見は今に始まったことではない。筆者は今回、日系2世の女性に話を聞くことができた。彼らの体験を知れば、なぜ今アメリカでアジア系へのヘイトクライムがこれほど増えているのかが見えてくる。

    4/9(金) 15:16
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a2c79d12ed10610d8e353b3ab17327a2232a3076?page=2

    【【すべてではないが】【アメリカ】「優秀な人間ほど憎まれる」アジア人を露骨に攻撃するアメリカ社会の歪み 「ジャップ」呼ばわり、生卵を投げつけられ…】の続きを読む

    このページのトップヘ