少年革命家

    20210517-03172401-tospoweb-000-13-view

    1: 僕は名無し 2021/05/18(火) 18:07:49.440 ID:m04zK5HL0
    これは投票するしかねえな

    https://news.yahoo.co.jp/articles/43e8cdcd4930410ee73b134b8d83cc2658def789
    少年革命家でユーチューバーのゆたぼん(12)の父親である中村幸也氏(41)が次期衆院選で立候補することが17日、本紙の取材で分かった。ゆたぼんを巡って、論争となった不登校や教育問題が国政選挙の場でクローズアップされることになる。

    【【朗報】大人気不登校系YouTuber「少年革命家ゆたぼん」パパ、衆院選出馬でついに政治の世界へ・・・】の続きを読む

    20210429-03093516-tospoweb-000-11-view


    1: 僕は名無し 2021/05/05(水) 21:03:52.40 ID:CAP_USER9
    〝少年革命家〟でユーチューバーのゆたぼん(12)が5日、自身の公式ユーチューブチャンネルを更新。連休明けは、自死を選ぶ小中高生が増える傾向があるとあって、「死んだらアカン。学校に行きたくないなら行かんでいい。親も無理やり行かせない方がいい」と力説した。

     内閣府によれば、自ら命を絶った18歳以下の人数は夏休みや春休み、GWなど学校の長期休業明けに増加しているデータがある。

     ゆたぼんは「連休明けは自殺してしまう子が多いねんな。学校に行きたい子は行ったらいいし、行きたくない子は行かんでいい。でも死んだらアカン。学校に行きたくないのに無理やり、学校に行かされて、死にたいって思ったり、苦しい思いをしている子もおる。でもオレはその子たちに言いたい。死にたくなるぐらいなら学校なんて行かんでいいって」と訴えた。

     小中高生の自殺者数は警察庁のまとめで昨年、過去最多となる499人にも上った。ゆたぼんは「日本は子どもが自殺してしまってる数がどんどん増えていって、ほんまにひどい。子どもが自殺してしまってる国は絶対間違っている! なんで気付かへんねん」と嘆く。

     ゆたぼんは自身の動画を見て思いとどまった同世代のメッセージを紹介しつつ、「一番大切なものは自分の命、人生、自分の心。人生は冒険。自由に生きよう。死んだらアカン」と繰り返し、訴えた。

    2021年5月5日 20時3分 東スポWeb
    https://news.livedoor.com/article/detail/20142379/

    【【YouTuber】ゆたぼんがGW明けの子どもたちへ緊急メッセージ「自由に生きよう。死んだらアカン!」】の続きを読む

    20210409-00000009-jct-000-4-view

    1: アゲイン速 2021/04/19(月) 12:35:10.52 ID:nh5UJv6i9
    「少年革命家」を名乗る12歳のYouTuber「ゆたぼん」が小学校に続いて、4月に入学した中学校でも不登校を貫くと宣言した。
    義務教育を拒否する姿勢に対して、ネットの世界や著名人の間でも賛否両論が起きている。
    夜回り先生こと教育家の水谷修氏は「ゆたぼん君、ありがとう」とエールを送り、肯定的な立場から自身の見解をつづった。

    【イラスト】「学校至上主義」が親子を追い詰める...全ての子どもに多様な学びの選択肢を

    ◇    ◇    ◇

    You Tubeで活動しているゆたぼん君が、「中学校に登校しない」と宣言したことが、いろいろ物議をもたらしているようです。
    彼の不登校宣言について、彼と彼の父親を非難する意見が、ネット上をにぎわせています。この報道の中で、私は、いろいろ考えさせてもらいました。

    私は、高等学校の教員でしたから、その感覚で見れば、親が、「中学校に登校させない」は、犯罪です。
    日本の法律の下で、親は、義務教育を子どもに受けされる義務があり、子どもも教育を受ける義務があります。

    それでは、子どもが「学校には、登校できない」これはどうでしょうか。すでに、文部科学省は、不登校について、その子どもたちを無理に学校に通学させることはせず、
    また、学校に戻ることを強いることもせず、
    訪問教育や適応指導教室などの体制を設置し、その子どもたちの現況に応じた対応をするように指示しています。

    私は、これまで、子どもたちの不登校について、この二つの観点からしか見ていませんでした。
    多分、それは、学校も教育委員会も、文部科学省も、有識者と称される人たちも同様だったと思います。 

    【【少年革命家】「学校に行かない」少年ユーチューバー「ゆたぼん」に夜回り先生がエール「救われる子がたくさんいる」】の続きを読む

    このページのトップヘ