ジェンダー

    document_shinsa_goukaku

    1: 僕は名無し 2021/05/26(水) 13:27:06.98 ID:IUX99Fhc9
     東京都立高校の普通科の一般入試は、募集定員を男女に分けて設定しているため性別によって合格ラインが異なる。都教委は毎年30~40校を対象に是正措置を講じているものの、2015~20年に実施した入試では、対象校の約8割で女子の合格ラインが最終的に高かったことが、都教委の内部資料で判明した。1000点満点で最大243点上回るケースや、男子の合格最低点を上回った女子20人が不合格とされた事例もあった。

    【【男さんw】都立高入試、男女の合格最低点、最大243点差 女子ブチギレ】の続きを読む

    img_d8592e6114afbfa33a6d5652d867656f154239

    1: 僕は名無し 2021/05/08(土) 22:30:02.11 ID:DqOMkO/J9
    「本気で有効な少子化対策をしようとすれば女子教育の抑制と、それにともなう女性の雇用機会の制限(からの所得抑制)しかない」という内容のツイートがプチ炎上し、議論を呼んでいる。
    最近SNS上で「弱者男性論」が話題になっているが、それとも通底している考えだと感じる。男女を分断する言説はなぜ生まれるのか。

    ■インフルエンサーのツイートがプチ炎上
     至るところで緊急事態宣言が出され、外出自粛が続き、ついついSNSばかり見てしまっているという人も多いかもしれない。

     そんな中、LINEの執行役員やZOZOのコミュニケーションデザイン室長などを務めていたこともある田端信太郎氏のツイートが物議を醸した。

     note上で、有料公開されていた「暗黒メモ「『女をあてがえ論』にまつわるアレコレと、その深淵ある絶望的な真実」」(※原文ママ)というブログを引用し、下記のようにツイートしたのだ。

    「良い悪いは別にして、結局、本気で有効な少子化対策をしようとすれば女子教育の抑制と、それにともなう女性の雇用機会の制限(からの所得抑制)しかない」

     田端氏は「良い悪いは別にして」とことわっているが、このような前書きはすっ飛ばして解釈されるのがSNSの常だ。
    5月6日午後時点で、672リツイート中、578ツイートが引用リツイート(そのツイートに対してコメントをつける形の引用)で、多くのコメントが田端氏を批判している。

    ■わかりやすくシンプルだが、危険なツイート
     今回のツイートが炎上したのは、影響力の大きい田端氏だからということもあるのだろう。

    【【ジェンダー】「本気で少子化対策をするなら女子教育の抑制と女性の雇用制限しかない」 インフルエンサーのツイートが炎上】の続きを読む

    lgbt_rainbow_flag


    1: アゲイン速 2021/04/26(月) 11:28:58.50 ID:nOeqfVDX9
    「男らしさ/女らしさ」といった、性別による無意識の呪縛が、生きづらさの原因になっていませんか? 
    ジェンダーロール(社会的・文化的に期待される性別役割)からの開放が、いま、なぜ必要なのか。

    ■「男らしさ」「女らしさ」ってなんだろう?

    一体いつからなのか定かではないのですが、私たちはこの社会のなかで「男性はこうあるべき」「女性はこうあるべき」という、ざっくりとした価値観を共有しています。

    おそらく最初は自分の家庭を見て、次にまわりの家庭を見て、それから家族が出てくるアニメやドラマを見ながら「男らしさ」「女らしさ」の「ふつう」をインプットしていきます。

    【【男らしさ/女らしさ】もういい加減「ジェンダーロール」を押しつけ合う社会は、やめにしませんか?】の続きを読む

    1: アゲイン速 2021/04/12(月) 12:37:12.06 ID:AfUt9GTd9
    最近何かと話題になることが多い「ジェンダーギャップ」の問題。
    さまざまな制度が整えられ、女性の社会進出が当たり前になったように表面的に見えていても、問題は根深く、まだまだ改善すべきことは数えきれないほどあります。

    世界経済フォーラムが3月30日に発表した、各国の「ジェンダーギャップ指数」(※各国の社会進出における男女格差を測る指標)においても、日本は120位と、先進国の中ではもっとも低い順位。
    このような状況の中で、株式会社Insight Techは、女性たちの経済的・精神的自立に向けた長期的支援を目的とした
    ソーシャルビジネスを展開する株式会社SHeStandsと共同で、日頃の不安や悩みについての調査を実施しました。
    20~40代の男女4535名を対象に行った「日常の悩みとジェンダーギャップの関連性調査」の結果をご紹介します。

    ◆男女の悩みは違う方向に向かっている
    「仕事と家庭の両立」では男女差が拡大している
    no title


    【【ジェンダー】「男性がうらやましい」と感じた女性、約9割…“男性優位社会”日本の現実 [ボラえもん★]】の続きを読む

    gender14_man_woman

    【【ジェンダー】女子もズボンを “ジェンダーレス制服”を導入する学校が全国各地で急増 ★5 [ボラえもん★]】の続きを読む

    このページのトップヘ